忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 01:18 】 |
ああもう、何ヶ月ぶりになるやらの東方天物語製作日誌その11

お久しぶりのDORAです。
ブログ更新って何ヶ月ぶりだっけ……(遠い目)
ニコ動の方で連載をご覧になっている方々には
生存報告できてましたが、
こっちの方は完全放置状態になってまして、申し訳ありません。

というのも、更新するネタがない(爆)
製作が遅れてる+残ってる要素がネタバレ含むので書けないという罠。

なので今回は、ブレイブスペルに関する新たな情報でお茶を濁す感じで……(ぇ


拍手[6回]


超必殺技の触れ込みで搭載されたブレイブスペル(以下BS)ですが、
メインキャラクターには皆、実は2種類以上のBSが搭載されています。
発動条件はまったく同じで、ゲージ一本のみの消費。
なので、性能も単純に上位互換というわけではなく、例えば、
BS1:回復・補助系 BS2:攻撃系
BS1:単体攻撃   BS2:全体攻撃
というように状況によって使い分ける形になっています。
(※全部がそうとも限りませんが……)

例えば、こいしのBS1『イドの解放』は、
味方の霊力全快+能力上昇という補助技ですが、
本邦初公開のBS2『サブタレイニアンローズ』は、
複数の敵に対する強力な連続攻撃となっています。

  

こいしは補助寄りではありますが、パーティの構成、
戦闘の状況によっては、
ダメージソースとしてBS2を使う選択肢も出てきます。
ちなみに、BS2は各キャラによって異なる習得の条件が異なります。
メインシナリオで覚えるキャラ、サブイベントで覚えるキャラ、
レベルアップで覚えるキャラ……と、色々あるので、
全キャラ習得を目指して、頑張ってみて下さい!

あと、鈴仙のBS1変えました。
自己パワーアップだったんですが、
テストプレイでもまったく持って使う機会が無かった死に技なので、
(鈴仙は今作の回復役を一手に引き受けているので、
 自己を強化したところで、攻撃に回る暇が無いのが原因……)
魔撃に対する割り込みカウンターに変更です。
(インフレアドムーン(カウンター準備)→ ルナティックレッドアイズで反撃)



外すとゲージが無駄になりますが、うまく敵の行動を読めれば、
大ダメージ+敵の行動キャンセル、という大戦果が得られます。
前作の霊夢さんの「二重結界」の亜種みたいな感じですね。

とりあえず、今回はこんなところで。

動画の方もかなりの亀更新になってしまっていますが、
完結目指して頑張りますので、よろしくお願いします。

 

 


 

PR
【2014/08/03 19:40 】 | 東方天物語 | 有り難いご意見(0)
<<終わりなき東方天物語製作日誌その12 | ホーム | 遅ればせながら年始の挨拶 新年あけましておめでとうございます>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>