忍者ブログ
  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/01/21 17:30 】 |
どうしてこうなった、紅物語製作日誌その2
和風素材集届かねぇぇぇーーッ!!
これが噂に聞く、KONOZAMAってやつか……orz。

土日にのんびり、和風素材集を使ってマップを作り直そうと思っていたのになぁ。
というわけで、製作日誌第2回でも書いて、やりきれない思いを何とかしようとするわたくしなのであった。


報告その1:タイトル画面ができました。

SS06.PNG








今作はタイトルBGMが落ち着いた感じなので、画面も落ち着いたシンプルな感じの絵になってます。
が、おぜうの首が細すぎた気がしないでもないw
他のソフトの使い方を覚えるのが面倒臭いので今回も自作の絵はマウスとペイントで頑張ってます。
(でも、加工やレイヤー合成で使い易いヤツが欲しいなぁ……)

大部分の画像と音楽を素材サイト様からお借りしている中、
せめてタイトルや一部イベント、戦闘カットインの絵ぐらいは、下手なりでも自分で何とかしたいと思ってます。
まあ、続けて描いているうちに、少しは巧くなるかもしれないしッ!!


報告その2:新規仲間キャラクターのご紹介

以前に掲載していたスクリーンショットとタイトルから御察しかもしれませんが、
今回のメインキャラクターは紅魔館の面々です。
それに加えて、今回はこの方が仲間になります!!

SS07.PNG








戦闘キャラとしてのパラメータは若干微妙ですが、さとりといえば、ラーニング(?)。
敵の特定スキルをラーニングできるという特殊能力を持っているので、
育てがいがあるキャラクターになっていると思います。
全ての属性の攻撃スキルを覚えさせれば、どんな敵が出てきても安心かも!?

前作では地霊殿の地の字も出なかった(というか、原作シリーズで完全に誰も出ていなかったのは、黄昏、漫画版等のキャラを除けば地霊殿だけな気がするw)わけですが、今作ではしっかりとストーリーに絡みます。


報告その3:動画連載について

前作同様、ニコニコ動画でテストプレイ動画をあげていく予定です。
そろそろ動画を録れるぐらいには、全体の仕様が固まり、製作の進行度も上がってきたので、
近日中には連載を開始したいと思います。
というか、できれば今日録る方向で、これから調整を頑張ろうかとw
仕事も本格化してきて、前作ほどの動画更新のペースは保てないと思いますが、
よろしければ見てやってくださいね。



拍手[0回]

PR
【2011/05/28 15:20 】 | 東方紅物語 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<東方紅物語の動画投稿を始めました | ホーム | 男もすなる、紅物語製作日誌その1>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>